<< 日々の記事 >>
2020年 1月 21日 (火)

ステンドグラス

by おふくさん

IMG_3074.jpg
IMG_3076.jpg
富山県射水市に古くからある櫛田神社。

その境内には「大伴二三彌ステンドグラス館」があります。

宮司の甥っ子が大伴二三彌。

作品は帝国ホテルのレストラン、東京駅中央口、池袋サンシャイン、富山市役所など様々なところにあります。

ちなみに、櫛田神社のご朱印帳やお守りにもステンドグラスデザインのものが見られます。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1327


C O M M E N T
毎年、櫛田神社にお参りに出掛けていますが、このようなステンドがあるとは全く知りませんでした。
今まで、私は何処を見ていたのでしょう。
今度は必ず行ってみたいと思います。
クーミー    [2020/1/21(火) 15:42]       
クーミーさん、今年も宜しくお願い致します。

そう言えば、クーミーさんのところは毎年 櫛田神社に初詣に行かれるのですよね。
神社に行っても意外と気付かないものです。

かと言って、隠れたところではなく、お社のすぐ前にあるのですが、まさかステンドグラス美術館とは思いませんよね。

こじんまりしていますが、次回は立ち寄ってみて下さい。
とっても綺麗ですから。
おふくさん    [2020/1/21(火) 22:05]       
おふくさん、ステンドグラスでは有りませんが、妹の義理の父・嫁ぎ先の父が、ステンドガラスを作成しておりました!

既に亡くなっておりますが、宗教(キリスト教)画家では有名で渡辺貞夫と言い、国内の教会のステンドガラスを数多く手掛けておりました!

また、得意分野は版画絵を描くことで、イタリアのバチカン美術館にも版画絵が4枚展示されており、この目で確認して来ました!
熟ラガ文ちゃん    [2020/1/22(水) 11:34]       
あのジャズサックスのナベサダと同じお名前ですね。

教会のステンドグラスを多く作られ、さらにバチカンにも版画絵があるなんて一流の作家さんなんですね。

教会のバラ窓とか、イエスの一生を描いたステンドグラスは本当に素敵です。うっとりしますもの。

ご立派なご親戚がおありで羨ましいです。

一族に立派な業績を残した人がいると、生きる励みになります。
そして、生きる指針にもなります。

おおいに渡辺貞夫さまのことを多くの人に伝えてあげてください。
日本人としてもバチカンにあるなんて誇りです。
おふくさん    [2020/1/22(水) 16:57]       
おふくさん、「渡辺禎雄」さんは、私の身内では有りませんが、大いに自慢できる方です!!

バチカン美術館には、日本人として唯一の画家として作品が飾られており、また、ニューヨークの大学で講義をしていた事から、目白教会での葬儀の際には、あのヒラリークリントンから弔電が届いておりました!!

キリスト教の宗教画家・版画家と言うことで、国内より海外で認められていた様です!!
熟ラガ文ちゃん    [2020/1/24(金) 11:16]       
我が家はキリスト教徒では有りませんが、渡辺禎雄さんの作品が何枚か有り、また、玄関ホールには購入した大きな絵が飾られております!!
熟ラガ文ちゃん    [2020/1/24(金) 11:19]       
熟ラガちゃん、大いに自慢なさって下さい。
そして、一人でも多くの人に知ってもらって下さい。

熟ラガちゃんは身内ではないかもしれませんが、ご親戚ではありますよ。
だから、たくさんの人に知ってもらうことは残された者の役目です。
私もしっかり渡辺禎雄画家というお名前を頭に入れました。もしかして、作品に出合うかもしれません。
日本人として誇りですもの。

それにしても、ヒラリーさんから弔電が届くなんて凄い!
私、ヒラリーさんのファンなんです。

熟ラガちゃんのお宅にも所蔵されているとは「お宝」ですね。
大切になさって継いでいって下さい。ずっとずっと。
おふくさん    [2020/1/24(金) 21:19]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d