<<   >>
2019年 11月 9日 (土)

マーライオン

by おふくさん

IMG_9021.JPG
シンガポールのシンボルです。

シンガポールでの水は貴重なので金貨に等しいと。

というわけで、水を噴き出している姿は裕福を意味するとか。

なるほど〜

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1309


C O M M E N T
おふくさん。シンガポールへご旅行に行って来られましたか?

気候も食べ物も、住み良いところと昔々住んでいた東京の家のお隣の方が
赴任されていたシンガポールのお話をされていました。
当時、シンガポールでの生や写真を見せて頂きお話し頂いた記憶が有るのですが内容はすっかり忘れています。

子供達もシンガポールや東南アジア方面の旅行は好んで行っています。
行程的に行きやすいようです。
チョコ    [2019/11/13(水) 13:17]       
厳しい禁止事項の多い国だけあって、とっても美しいと思いました。
しかし、物価は高いし、住むのには大変です。

日本からの駐在員は海外手当を多くもらっての暮らしですから王様気分だと思います。
だけど、一般の人たちは大変なようです。

マレーシアに住んで、シンガポールに働きに来る人も多いとか。

世界中、どこに住んでも大変です。
おふくさん    [2019/11/14(木) 08:12]       
生徒さんが退職を機にシンガポール旅行をされてはSNSでアップされ画像を拝見すると高層ビルも綺麗な景観で建てらていました。

知人の息子さんが海外赴任でバンコクに転勤と決まられた時、知人は海外赴任に懸念を示されていたのですが着任されてもう3年以上になられますがすっかり現地の生活にも慣れられたようです。
現代は厳しい時代に突入しているので、災害も多くなりました。
そのなかでも喜びを見つけては感謝して暮らさないと幸せは来ないような気がします。
チョコ    [2019/11/14(木) 09:36]       
海外赴任は人を変えることが多くありますから、余程しっかりしたアイデンティティを持っていないと帰国してから困ることも・・・
人間、生活レベルを上げることは容易いですが、下げることは難しいですものね。

そして、野獣との共生が現実問題ですね。
毎日毎日、熊事件が報じられ、怖いことです。
チョコさん、ドアーを開ける時は、右見て左見てね。

チョコさんのおっしゃるように「喜びを見つけて感謝・・・」出来そうで出来ないことです。
が、いつもそうありたいと思います。

幸せな気持ちで暮らしましょうね〜!
おふくさん    [2019/11/14(木) 20:03]       
東南アジアで、水を輸入している国があると聞きましたが、シンガポールのことでしょうか?

日本は、水に恵まれている、ってよく言われますが、このところ、恵まれているを通り越した水の災害が続き喜んでばかりもいられませんね。
昨日は、紅葉を見に、茨城の北、福島との県境まで行きましたが、水郡線はまだ一部不通でした。
あちこちで氾濫した久慈川に沿って走っている部分が、復旧できていませんでした。

あんなことが無ければ、流れは奇麗で本当にすばらしい眺めのところなんですが、土地のかたに話をお聞きしたら、恐ろしかった、とおっしゃっていました。

去年は大変な賑わいの、もみじ寺が駐車場がらがらで、ひょうしぬけしましたが、関係者はさみしいでしょうね。

そして、海外赴任の話ですが、娘夫婦は留学ですので、企業の駐在の方たちとは、身分が違うからとてもつきあえないといっています。

日本人社会がハッキリ、階層にわかれているそうです。
まあ一生そこで暮らすわけではないので、かまわないとは思いますが。

先進国でも、そんな具合ですから、途上国だともっと色々あるみたいです。
近所の方の息子さん、タイに赴任した時には、プール付きの外国人専用マンションに住み、運転手つきの生活してて、帰国したら小さなマンションはいいとしても、満員電車の通勤が一番つらいと言ってるそうです。

おふくさんがおっしゃるように、生活レベル下げるのは、つらいでしょうね。

でも、年金生活の我が家、いま必死に生活スタイルの見直し中です。
初孫は犬?    [2019/11/15(金) 14:20]       
留学生と駐在員では、その収入には差があると想像されます。

昔と今では時代が違いますが、海外は奥様にとって蜜の味でしょう。
ただ、働く夫は力を試されるところもあって帰国後にその評価が出るから気をぬけませんね。
また、子どももいずれは帰国ということもあるので、調子に乗っているとツケが大きくなるでしょう。
子どもの場合、丁と出るか半と出るか人生を大きく決めるでしょう。

今でも、欧米よりもアジア圏の方が優雅な生活を送っていると想像されます。

初孫は犬?さんのところは、お嬢様がしっかりしていらっしゃるからプラスしかないと思います。
海外体験が財産となると確信があります。

で、久慈川あたりをドライブされましたの?
世の中では日ごとに台風のことも忘れ去っていっているのかもしれませんが、あれだけの惨禍はちょっとやそっとでは復興は出来ませんね。
特に、個別(個人)での負債ははかりしれないものがあると気の毒に思います。

やはり、年齢です。
最終コーナーを回っている者にとって原状回復は試練以上のものとお察しします。

初孫は犬?さんのお宅は余裕がおありですから、心配はしていませんが、この齢になると生活のサイズダウンは必要なことですね。

どういうことから見直していけばいいのかしら?
おふくさん    [2019/11/16(土) 15:27]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d