<< 日々の記事 >>
2019年 11月 5日 (火)

てんさいとう

by おふくさん

IMG_2740_(002).jpg
IMG_9113.JPG
お砂糖の原料のひとつが「甜菜」

甜菜、すなわち砂糖大根で作った砂糖が「てんさいとう」

甜菜は寒冷地で作られるため、身体を温めるのだとか。

ちなみにサトウキビから作られるのは、身体を冷やすのだとか。

同じ、砂糖といっても色々ですね。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1308


C O M M E N T
ビートですね!
砂糖ダイコンと言われますが、じつはホウレンソウの仲間なんですよ。(農家の友人が教えてくれた・・・。)
葉っぱは美味しくない?食べないそうです。

最近、うちの息子たちは、朝食にご飯を食べていくことが多いので、以前作ったジャムがなかなか消費されず困っています。去年瓶詰したジャムがまだ残ってるから、今年はグミジャムも作らなくてよいかなと思ったりして。

ジャムづくりには、砂糖が欠かせませんからね〜。
スヌーピー    [2019/11/7(木) 08:04]       
スヌーピーさんは砂糖大根をご存知でしたか?
私は初めて見ました。

砂糖はサトウキビから作るものだとばかり思っていました。
砂糖大根からも上質のお砂糖が出来るのですね。

砂糖大根からとサトウキビから作る砂糖は微妙に違いがあるらしいです。

私は最近は白い砂糖を使うことはなくなりました。
でも、今使っている砂糖もよく見ると着色されていることがわかりました。
騙されていたわけです。

スヌーピーさんは、お料理にどんなお砂糖を使っていらっしゃいますか?
おふくさん    [2019/11/7(木) 20:29]       
ビートは見た事ないですが、甜菜糖は使っていました。

最近はきび砂糖が台所には並んでいます。白砂糖はかなり以前から

買ってなくて身体に悪いという事で三温糖を使ってたのですが
着色されている物だという事で甜菜糖やきび砂糖に変えました。

身体を温めるのと、冷やすのでは温める方に軍配が上がります。

しかし、お砂糖はお料理には殆ど使わず素材の持つ甘みで味を調える方です。薄すぎるお味が好みです。
チョコ    [2019/11/10(日) 04:08]       
さすがチョコさん、お砂糖にもちゃんと配慮されていらっしゃいますね。

私は最近になってやっとという感じです。
素材の味だけでは物足りない感じで、お砂糖も味醂も使っています。
薄味では頼りなくて、、、
これこそが老化現象というものでしょう。

近頃は、夫にも注意されることも。

チョコさんのように薄味に慣れるようにしなければなりませんね。
反省、反省。
おふくさん    [2019/11/10(日) 22:43]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d