<< 日々の記事 >>
2019年 8月 25日 (日)

硫黄山

by おふくさん

IMG_2480.jpg
北海道弟子屈町にある硫黄山。

またの名をアトサ(裸)ヌプリ(山)

ゴーゴーという音が鳴り響き、噴煙が立ち込め、地球の鼓動を間近で感じることが出来ます。

黄色い硫黄の塊がある中、硫黄の匂いが立ち込める中、かなりのところまで散策が出来るのです。

迫力満点な硫黄山です。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1295


C O M M E N T
ヌプリってアイヌ語で、山ですよね。
懐かしいです〜(^^)

北海道の自然、満喫されましたか?
お食事はいかがでしたか?
スヌーピー    [2019/8/25(日) 23:39]       
スヌーピーさんは学生時代を北海道でお過ごしになられたから、北海道は第二の故郷ですね。
きっと、北海道中を回られたことでしょう。
何処が一番でしたか?
住むとすれば何処がいいですか?

最近は北海道出身の方々が活躍されており、いろいろな北海道情報が流れていますね。
こちらもにわか北海道通になりつつあります。

それにしても、こんなに中まで硫黄地帯に入れるとは思ってもいませんでした。
立山なんかは地獄谷ははるか彼方からしか見ることは出来ませんからね。
硫黄の匂いもかなりなもので、足元からはボコボコ。
硫黄ガスで事故は起こっていないのかしら?と不安になるくらい。

基準がどこにあるのかわからないけれど、迫力満点でした。
おふくさん    [2019/8/26(月) 07:24]       
そういえば、硫黄山もコースの中に有り行きました。

近寄って行くと靴の下から熱が伝わり

玉子を茹でて匂いを強くしたよう匂いの記憶が残っています。

本州から北海道に渡って広大な大地に驚いたものです!

おふくさんの日記を読んで、ハイライトのように景色が蘇ってきます。
チョコ    [2019/8/27(火) 18:37]       
チョコさんは硫黄山を訪れたことがおありなんですね。
それからずっと、噴火もせずに経過しているのかしら?

山の噴火は数百年たった頃が怖いですから、そろそろ噴火も考えられます。

ちゃんと、観測しているのか心配になりました。
おふくさん    [2019/8/27(火) 19:25]       
足元からぼこぼこ?
そんなところに入れるなんて・・・。イメージできない!
硫黄山、多分行ったことあると思うんですけどね!

北海道を離れて20年弱経過し、いろいろ変わっていると思いますが、記憶にある北海道は、自然豊かでのんびりしていましたね〜。

うちの息子の一人くらい、北大に入ってもらえたら、たくさん遊びに行く、いえ、様子を見に行くので、札幌にも行けるんですけどね。
若干、最近、洗脳するように、3人に呟いている私です。
スヌーピー    [2019/8/28(水) 22:35]       
北海道は日本といっても風景が全く違いますね。
空からみると、田んぼではなく大きな区割りされた畑が広がり、まるでヨーロッパ。

スヌーピーさんが息子さんに北大に行ってほしいという気持ちがわかります。
きっと、学校の雰囲気も東京などとは随分違うでしょうね〜

子どもの将来は洗脳が必要ですね。
なんでもいいよ、好きなことをやれば、なんていって育てると危ない、危ない。
おおいに、道しるべを与えてあげて下さい。
おふくさん    [2019/8/29(木) 07:13]       
北海道の弟子屈に硫黄山なる名前の活火山が有るのですね!
全く知りませんでした!

弟子屈町には現役時代・以前、地熱発電調査の為の、ボーリング掘削の手続きで、保健所を訪ねた記憶が有りますが、硫黄山はノーマークでした!

小学校の頃は、日本の火山には、死火山+休火山+活火山の3種類に分けられると学びましたが、現在は、休火山+活火山の2種類のみとの事で、大昔に噴火した火山も休んでいるだけだと、地球物理学者に教わりました!!

その学者の話しだと、富士山も何れは噴火するとの事ですが、今日・明日になるのか何百年先になるのか判らないとの答えで、当時私は、要は当てにならないなと感じた記憶が有ります!!
熟ラガ文ちゃん    [2019/9/9(月) 13:06]       
先程の地球物理学者のお話ですが、40年程前出向先で机を並べた同僚とのやり取りですが、その時より既に数十年が経過しております!

確実に言える事は、日本列島の火山は活動期に入ったとの事です!!
熟ラガ文ちゃん    [2019/9/12(木) 13:38]       
こんなにも硫黄、地熱を感じる火山が北海道にあるとは私も驚きでした。
富山の立山にも地獄谷というところがありますが、ガスが噴き出ているから危険ということで、近づけないよう柵が作られ、遠目で観察するだけです。
箱根も同様ですよね。

なのに、この硫黄山はかなりのところまで踏み込めるので大丈夫かしらと不安になりました。
勿論、山を確認しない離れたところまで硫黄の臭いはします。
安全確認はされているのでしょうが、かなり心配なところです。

熟ラガちゃんは、地熱発電のお仕事で全国を飛び回られていたのですね。

私も、子どものころは死火山というのも習いました。
そして、近年、世界中で火山の爆発を聞きます。
富士山、どうなんでしょうね〜
おふくさん    [2019/9/12(木) 23:08]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d