<< 2019年6月の記事 >>
2019年 6月 22日 (土)

変わりゆく近江町市場

by おふくさん

IMG_2319.jpg
金沢の台所として知られた近江町。

今や、魚屋さん八百屋さんと言われていたところが軒並み立ち食い店に変身。

観光客のニーズに応えての変化なのでしょう。

なんだか寂しいです。

観光化するってどういうことなのでしょう?

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1287


C O M M E N T
おふくさんに近江町市場案内していただいてから、はや13年、あのころはもちろん観光客むけのお店も沢山ありましたが、地元の方が日常の買い物なさるようなおみせも多かったですね。

住民相手の商売より、観光客相手のほうが儲かるのでしょうかね。

住民は、スーパーでお買い物なさるのかしら。

私、旅行先で地元のスーパー入るの好きなんですけど、最近は地方も全国展開のスーパーが増えて面白くありません。

金沢は、だまっていても観光客がやってきますが、よく町おこしなどと言って、観光客をなんとか集めようとして、中途半端なイベントやってる自治体がありますが、あれって一時的に人集めても、あとが続かないですよね。

私は、ふつうの市街地に住んで、ふつうに暮してるので、もし何かあって、居住地が観光化されるなんていやだなあ、と思うんですが。
初孫は犬?    [2019/6/22(土) 10:59]       
初孫は犬?さん、はや13年経ちましたか〜

新幹線開業と共に金沢は観光客で毎日溢れかえっています。
観光客さまさまですね〜
莫大なお金が金沢に落とされていることでしょう。
確かに、金沢は魅力的な街ですから。

初孫は犬?さんのご指摘のように、金沢在住の方々は色々迷惑を被っているかもしれませんね。
近江町市場はまさに観光客におもねった商売をしています。
気持ちはわかります。

まぁ、そうは言ってもたまに気分転換に出掛ける私です。
おふくさん    [2019/6/22(土) 19:30]       
久々に金沢へ行ったので近江町市場も観たいなと思ってましたが、時間がなくて通りすぎただけでした。

活気が有った近江町市場を観るのは楽しかったですが、観光客相手の商売になってしまったというのでは余り魅力なくなりました。

金沢の景観は余り変わってなかったですが、駅はごった返していて富山駅の閑散とした様子とは違っていました。自動発券機が設置され新幹線と在来線と改札口が違ってました。

久々の金沢駅の駅ビルも様子も賑わってましたが、少し外れると金沢情緒も感じられました。
チョコ    [2019/6/25(火) 10:28]       
チョコさん、金沢に行ってこられたのですか?!

確かに、金沢の繁栄ぶりは目を見張るものがありますね。それだけ魅力的な街でもあります。

でも、富山からは近くて遠い気もします。
私はいつも下道(高速道路ではないという意味)でのんびり行きます。
バス利用という方もよく聞きます。

新幹線は特急料金が高いとのこと。
チョコさん、せっかく金沢まで行かれたのに近江町はスルーされたのは残念でしたね。

次回のお楽しみにね。
おふくさん    [2019/6/25(火) 20:26]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d