<<   >>
2019年 6月 6日 (木)

観光列車

by おふくさん

IMG_2308.jpg
IMG_2310.jpg
IMG_2314.jpg
今や日本中ブームになっています。

富山駅〜泊駅往復の観光列車「一万三千尺物語」

およそ2時間の旅です。

富山湾寿司を頂きながら車窓を楽しむのも一興です。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1286


C O M M E N T
立山の峰々は ちょっと霞んでいましたが
全国何処を見ても このような 山々は見れないでしょう。
行きは進行方向右側に立山連峰、左側は富山湾を眺め
キトキトの お寿司を頂き これ程の贅沢はあり得ませんね。
行かれていない方 お勧めです。

デザートはお茶に引綱香月堂の生菓子 & コーヒーを選ぶ事が
出来ましたが・・・・。
カズ    [2019/6/6(木) 15:22]       
カズさんのおっしゃる通りです。
富山県民にとって立山連峰は誇りでもあり、守り神でもあります。

ただ、お値段がもう少しお安いといいのですが・・・
多くの方に乗車して頂きたいので・・・

これからは、都会は都会の、地方は地方の知恵をしぼって活性化していかなくてはなりません。
知恵比べの時代です。
おふくさん    [2019/6/6(木) 20:18]       
私も乗車してきました
テレビニュースでみた全国各地の豪華電車とは違い、車内の造りはごくシンプル
富山らしいと思いましたが乗務員の人達の熱い想いは伝わりました
お寿司は美味しかったですが、おばあちゃんの私としては、温かいお茶が欲しかったです私は見なれた景色でしたが、県外の人には珍しい山々の連なりかも
正直な話ろくに車窓を見ずにお喋りに夢中な二時間
楽しい一時でした
金沢の花嫁のれんの列車にも乗ってみたいと思いました
おふくさんお誘い下さいね
はなちゃん    [2019/6/7(金) 07:11]       
はなちゃんも乗車されましたのね。
とっても社内の雰囲気がよく伝わってきます。

豪華さを競う昨今ですが、シンプルな内装は富山らしいですね(笑)
お寿司もお口に合われたようで何よりです。
お寿司に熱いお茶はつきものですが、それがなかったとは残念。
どういう人を対象にセットされた電車なのかよくわかりませんが、
改良・改善の余地はありそうですね。

金沢は派手なところですから、花嫁のれん列車は豪華かもしれませんね。
私も乗ってみたいです!
おふくさん    [2019/6/7(金) 20:33]       
中々趣の有る観光列車が走っているのですね!

既に、おふくさん以外にも乗車された方が居るようで、地元ではそこそこの評判なのでしょうね!

私も乗ってみたくなるような写真の数々、羨ましいですね!!
熟ラガ文ちゃん    [2019/6/8(土) 12:35]       
熟ラガちゃんにそのようにおっしゃって頂くと、とっても嬉しいです。

富山はそもそも地味な県なので、お洒落なことが苦手です。

ということで、この観光列車は精一杯頑張ったのだと思います。
でも、各地のそれと比べると、まだまだですね〜〜〜
もっと、頑張らなくっちゃ。
おふくさん    [2019/6/8(土) 20:50]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d