<<   >>
2019年 9月 6日 (金)

克灰袋

by おふくさん

IMG_1966.jpg
「こくはいぶくろ」と読みます。

鹿児島では、朝起きたら一面「灰景色」が珍しくないとか。

街全体が灰神楽とは大変なことです。

灰を袋いっぱいにすると重さ13キロにもなります。

住めば都とはいいますが、鹿児島の方々のご苦労はいかばかりか・・・

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1281


C O M M E N T
黒灰袋とは、鹿児島に住む方たちたいへんなことです。

年中、灰が降っているのですか? 灰付きわかめを見たことありますか

物に付着した灰を取ってからでないと、衣食住が困るということですから

相当な労力を要しますね。

雪の方がまだ良いのでしょうね。
チョコ    [2019/9/11(水) 19:13]       
ごめんなさい。灰付きわかめを見たことが有りますがでしたね。

訂正してお詫びします。
チョコ    [2019/9/11(水) 19:15]       
先日、富山の科学文化センターで火山灰にはガラスが沢山含まれていて危険なものであると展示がありました。
そして、顕微鏡で火山灰を見ることも出来ました。キラキラ光っていました。

だから、道端の火山灰が風で舞うと目に入り、とても痛かったです。ガラスが含まれているのですから当然ですよね。
そういうところで生活している人たちの苦労が忍ばれます。

チョコさんのご指摘の通り、雪は目に入っても危険がありませんから、目を傷める心配もありませんよね。
それに、呼吸器にも火山灰は悪影響です。

鹿児島の人々には申し訳ないですが、住むことは困難なことと思います。

灰付きワカメの灰は火山灰ではありませんから安心です。たしか、わら灰だと思います。
今は生産されていないのでは?
ワカメに灰をまぶすと柔らかくなると言われていましたが、若い人には不評で売れなくなったと聞きました。
それと、わら灰が手に入りにくなったとも。

時代とともに手軽さが人気ですものね〜
おふくさん    [2019/9/12(木) 23:19]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d