<< 日々の記事 >>
2019年 3月 30日 (土)

尾崎豊のピアノ

by おふくさん

IMG_2020.jpg
IMG_2021.jpg
「15の夜」「十七歳の地図」「卒業」

今でも歌い継がれています。

縁あって愛用のピアノが富山に来ました。

富山市呉羽の富山市民芸術創造センターのロビーに飾られています。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1263


C O M M E N T
このピアノが富山に来た。。っていうのがすごく驚きです。
プロデューサーが富山出身、でしたっけ?

高校時代、ある友人が、街中でギター一本で、尾崎豊の歌を歌ってました。ストリートミュージシャンっていうのかな?声の質が、尾崎豊に似ていて、人気だったんですよ。わたしも、よく聞きに行きましたが、懐かしい思い出です。

♪盗んだバイクで走り出す〜♪なんて、当時の私には、考えも及ばない歌詞の内容だったけど、あの頃は、部活や勉強がかなり忙しくて・・・。思えば、部活や勉強に没頭できるような恵まれた青春時代を送っていたからなのかもですね・・・。
スヌーピー    [2019/4/1(月) 00:43]       
まさか?!と思いましたよね。
大体このような「もの」が富山に来るなんて考えられませんものね。
ご縁って不思議なものです。

で、スヌーピーさんのご友人はその後どうされましたか?
きっと、とてもギターも歌もお上手だったのでしょう。
案外、デビューしていたりして。
あの人は今、知りたいですね〜

尾崎豊の曲の歌詞は「悪い子」です。
でも、それがなんとも共感をよんだのですから、わからないものです。
魅力的でした。
怪しいものを感じました。
亡くなった母が尾崎豊の曲が好きだったことを思い出します。

スヌーピーさんの学生時代でもありますね。
それぞれの「形」が感慨深いものです。
おふくさん    [2019/4/1(月) 14:13]       
おふくさんのお母様も、尾崎さんのファンだったのですね〜。

須藤プロデューサーは、富山県の音楽界に尽力されている方だと思います。

入団していたオケで、「ふるさとの空」を演奏収録した時にプロデューサーでした。
富山駅や地元のデパートで、いっとき放送されていました。
ソバージュヘャアーの 大柄な方で、
富山県置県130年式典の時も、来られていました。

この富山に、尾崎豊さんのピアノを展示してますます富山が音楽でも
発展して貰いたいという意思の表れ?なのかなと感じましたが

尾崎 豊さんの歌声は、本当に魅力的な声の持ち主ですね。
チョコ    [2019/4/1(月) 18:56]       
地味な富山にしては意外なことでした。

ただ、この展示はあまり知られていないようです。展示にふさわしい場所ではありますが、ひっそりとしたところで寂しい感もあります。
自動ピアノは出来ないにしても、音量あげて尾崎豊の曲を流し続けるとか、そのピアノの前にカフェを設けるとか、尾崎グッヅやCDを販売するとか・・・
東京ならばもっと華やかに展示されるのでしょう。富山らしいと言えばそれまでですが。

もしかしたら、オーバードホールの方が良かったのでは?
チョコさんもご存知のように須藤さんはオーバードホールにも関係しているのですから。
今のままでは、宝の持ち腐れになるような気がします。

いつも思うことですが、富山はアピール力が不足しています。
もっともっと売り込まなくっちゃ。
そう思うのは私だけかしら?
おふくさん    [2019/4/2(火) 17:36]       
富山県民は、ほんとうに控えめな県民性ですよね。
もっと、もっとPRしてもらいたいと思います。

オーバードホールも良いですがもっと目につく所富山駅構内なんかも良いように思います。
ピアノ好きな方が、富山駅に降りたって尾崎豊のピアノが弾けたら素敵な一生の想い出になるように思うのは私だけかしら。

個人の持ち物だし管理の問題が有るので、不可能なことでしょう。

創造センターはたくさんの方が練習に使われますが、限られた方々になってしまいますよ。

創造センターは、とても素晴らしい練習場ではありますが。。。
チョコ    [2019/4/2(火) 18:40]       
チョコさんのおっしゃるように、駅はいいですよね。
駅に置かれたピアノを自由に弾くというのが数年前から流行りだしました。

が、詳しいことはわかりませんが、最近は撤去してきている傾向にあるとか。
管理の問題なんでしょうか〜?
とっても面白い素敵な話だと思うのですが・・・

創造センターは県民の1〜2パーセントくらいの人しか訪れていないのではないでしょうか?
ごくごく一部の人だけのものですから、そこに尾崎豊のピアノがあっても寂し過ぎます。
しかも迷惑にならぬよう、小さな音で同じ曲を流しています。
ちょっと変。

もっと多くの人に親しんでほしいです。
企画する人っていないのかしら?
尾崎の息子を呼んで、ピアノの前で歌ってもらうとか・・・

あー、なんだか勿体ないわ〜〜〜
おふくさん    [2019/4/3(水) 07:22]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d