<<   >>
2019年 3月 26日 (火)

いかなごのくぎ煮

by おふくさん

IMG_2013.jpg
今が旬です。

明石の辺りでは、普通にスーパーなどでいかなごが売られています。

それぞれ家庭の味で旬を楽しんでいるとか。

生姜がきいていてごはんのお供にぴったりです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1262


C O M M E N T
季節を知らせる食べ物って、本当に少なくなりましたが、その土地のかたにとっては欠かせないものなのでしょうね。

富山では、何なのかしら。

今は、冷凍で一年中有りますが、やっぱりほたるいか、富山のものが一番ですね。
最近は、兵庫県産のものが、富山物よりかなり安く売られてます。最初、なるほど同じ日本海でつながってるな、と思ったのですが味が全然違います。
買うときは、産地に気をつけます。

もうひとつ、私にとって春を知らせるのが、生わかめ。
これだけは、冷凍できないんでしょうかわずかの間の楽しみです。

以前は、三陸から取り寄せたんですが、最近うれしいことに、スーパーで手に入ります。

たっぷりのお湯に入れたとき、黒いわかめが鮮やかな緑になり磯の香りが、ふわーっと広がり、幸せになります。

これも、三陸、新潟、南房総と産地によって、びみょうに食感が違って楽しいです。

一パック、200円ほどで買える幸せです。
初孫は犬?    [2019/3/27(水) 09:53]       
初孫は犬?さん、ほたるいかのお味がおわかりになれるのですね。
嬉しい!
そうなんですよ。
兵庫県産のは半値(?)近くお安いのですが、お味はそれに比例していると思います。

富山の旬の味はやはりほたるいかです。
富山では生で売られていることが多いですから、自宅で茹で上げたものを頂くことが出来ます。
臭みもなく新鮮さを味わうことが出来ます。
お刺身というのもありますが、アニサキスが結構いるのでおすすめ出来ません。
ホタルイカのしゃぶしゃぶも人気ですが、やはりしっかり火を通すようにしないとアニサキスにやられます。
他に、バター、ニンニク醤油で炒めて食すのも美味しいですね。

それにしても初孫は犬?さんに富山のほたるいかの味がわかって頂けて嬉しいです。

そんなほたるいかですが、今年は不漁です。
だから、お値段も下がりません。

そして、生わかめですか?!
どうやって食べるのですか?
三杯酢? ドレッシング?
売られているのを見かけますが、調理がわからず買ったことがありません。
初孫は犬?さん、教えて〜
おふくさん    [2019/3/28(木) 07:08]       
今年はほたるいか不漁ですか。そういえば、今年まだ富山物にお目にかかってません。
スーパーでは、やっぱり高値では売りにくいから、兵庫産になってしまうのでしょうね。

わかめですが、たっぷりのお湯に入れて、もういっかい沸き立ったら、すぐに冷水で冷やします。
しっかり冷えたら、茎のきわを裂きます。あとは適当に切って、ふつうの塩蔵若芽のように使います。

汁に入れても、いいですが生がおすすめ。

お刺身の、つまにしてもいいです。

三陸物はとても柔らかいのですが、そろそろ終わりかもしれません。

茎は捨てないで。わたしは茎のほうが好きなくらいです。

そのまま食べてもいいし、ニンジン、おあげなんかと煮ても美味しいですよ。

お料理とよぶほどのものではありませんが、普段の食卓に季節を感じるのっていいですよね。
初孫は犬?    [2019/3/28(木) 10:40]       
初孫は犬?さん、教えて下さって有難うございます。
これで生わかめを見つけても買うことが出来ます!

先日のフランスのお塩も美味しく使っています。

これからも色々教えてね♡
おふくさん    [2019/3/28(木) 20:31]       
明石海峡のお魚も、立派なお魚群がとれるようですね。

くぎ煮は、若い時に食べていると思いますが京都のちりめん山椒とゴマ煎餅を
母が京都の実家の菩提寺にお寺参りしたときのお土産でした。

京都西陣でのお土産が京都の風情を、感じさせてくれました。

明石のお魚は、ギネスブックに載った1000人チェロの主催者が神戸人富山湾も美味しいけど明石の海の幸も美味しいよとお話をされていました。

産地、産地で美味しい物に出会えますね。
チョコ    [2019/3/29(金) 09:49]       
1000人チェロというのがあったのですか?!
想像するだけで圧巻です。
どんな会場で演奏されたのでしょう?

京都のちりめん山椒はご飯のお供に最適だと思っております。
以前は、どこどこのが美味しい、だなんて拘っていましたが、今は何処のでもいいです、ちりめん山椒ならば。

チョコさんの思い出は色々ありますね。
食べ物から連想する思い出というのは、懐かしいような苦しいような。思い出すだけで胸がいっぱいになり辛くなることも・・・

確かに、そこで味わうものは最高ですね。
地元産は何でも美味しいですね。
だからか、美味しいと思って持ち帰ってみると、それほどでもないということも。

日本は各地に旨いものあり!ですね。
おふくさん    [2019/3/29(金) 21:17]       
生わかめ、ほたるいか・・・。春は美味しいものがたくさんです。いかなごのくぎ煮、兵庫の知り合いのお宅で食べたおにぎりの中に入っていて、美味しいな!って思いました。日本全国、美味しいものってあるんだなって思いました。

先日、息子と一緒に夜中3時にホタルイカを掬いに、八重津浜に行きました。新月、南風、大潮、と条件がそろった日には、浜はすごい沢山の人が出ているのですが、私たちはその翌日に行きました。

条件にもよるんでしょうが、その日の釣果は、イカちゃん4匹の・・・。朝4時すぎに帰宅しました。月曜日でしたので、早々にあきらめて帰ってきました。

真っ暗な八重津浜、なんかすごく怖かったです。
真っ暗な浜に、親子2人が、懐中電灯をもってウロウロしている
姿ってシュールですよね。。。


4匹のホタルイカは、翌日お刺身にして、一人一匹ずつ食べました。

今度の新月の日は、またホタルイカを掬いに出かける予定です!
スヌーピー    [2019/3/29(金) 23:13]       
おふくさん、聞いてくださりお伝えできます。

1000人チェロというのは、神戸阪神淡路大震災のとき神戸の人が元ベルリンフィルのチェリストの友人を誘い世界からチェリストを募集して
1000人でチェロを奏でようということで1998年実行されました。

名誉総裁に故高円宮殿下の生存中でした。
そこに、神戸には叔母や姪が住んでいて会いたいのも有ってチェロを担いで
演奏して来ました。神戸は3回 演奏に行きましたが その後 東日本大震災で
継続して全国で慰霊の演奏を続けられています。
最近は、県外で演奏会のお誘いが有っても行かなくなりました。
行ける時に行っておいて良かったと思います。

ホタルイカは、不漁なんですね。スーパーでほんの少しのパックで生のホタルイカが売ってましたが浜で釣り上げたホタルイカはもっと美味しいことでしょう。

生わかめの旬のお話も興味深かいですね。
チョコ    [2019/3/30(土) 08:07]       
スヌーピーさん、ほたるいか探しに出かけていらっしゃるのですか?!
午前3時過ぎに出かけるという気合はなかなかのものです!
ほたるいかはそのぐらいの気構えが必要ですね。
真似は出来ません。

必要十分条件が揃った夜、頑張ってください。
今年はほとんど身投げがなかったと聞いていますが・・・

アニサキスにだけはお気を付け下さいね。
おふくさん    [2019/3/31(日) 07:47]       
なるほど〜、そういうコンサートがあったのですね。
高松宮殿下までお呼びになられたということは、かなりしっかりした組織の働きかけだったのですね。

千人、と聞くだけで壮大なコンサートだとわかります。
どんなにか素敵な音色が奏でられたことでしょう。
で、チョコさんもそこに参加されましたの?
なんて素敵な経験をされたのでしょう!
貴重な体験ですね。
体験は人を強くします。
とっても素晴らしいことです。

これからも消極的にならずにどんどん出ていってください。
まだまだ私たち、若いですから(?)
おふくさん    [2019/3/31(日) 07:56]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d