<< 日々の記事 >>
2018年 10月 8日 (月)

映画「散り椿」

by おふくさん

IMG_1633.jpg
IMG_1636.jpg
富山ロケの映画です。

岡田准一主演の「見せる」映画です。

葉室麟原作の映画です。

木村大作監督の映画です。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1221


C O M M E N T
内山邸が撮影場所になっているとか・・・。
そんな感じが、ありましたか?

それにしてもおふくさんは、映画を結構見ておられますね!
出歩かれることは、すごくいいことですね!

私は、DVDが出るかネット配信されるのを待って見ていますが、
やっぱり画面が大きいほうがいいんだろうなって
思うこともあります。
スヌーピー    [2018/10/9(火) 00:29]       
そうなんですよ。
映画は好きです。
時間を作って出来るだけ映画館で見ています。
映画館だとまわりに煩わされることなく集中出来ますからね。

大体、木村大作はカメラマンからの監督ですから、画ずらはものすごく綺麗なんですが、仕立てがあまり・・・と思っていました。
ところが、今回のは随分見ごたえあるように上手に作られていました。

内山邸だかどこだかわからないほど上手にあちこちをつなぎ合わせていました。
椿はフェイクと言いますが、綺麗でしたよ〜

スヌーピーさんは超多忙ですからDVDまで待ってから見て下さいね。
おふくさん    [2018/10/9(火) 07:44]       
散り椿、高評価ですね〜!
DVDで見るのを楽しみにしてます。

お茶をしていると男性のはかま姿はよく見るんですけど、
着慣れていない方は、すごくそれがよくわかります。

俳優さんは、さすがそこらへんは、きれいに見せているなぁって
時代劇とか大河ドラマとかをみて思います。西島秀俊、でてましたよね。私、結構すきなんですよ〜(^^)
スヌーピー    [2018/10/11(木) 09:12]       
とある和風ホテルでは、スタッフが袴姿で接待していました。
スヌーピーさんのおっしゃるように、様になっている人、そうでない人、よくわかりました。
とは言え、作務衣でもなく袴姿というのはなかなかいいものです。

確かに、俳優さんはにわか仕込みにもかかわらず、どのような役もそれらしく演じるというのはプロ魂だと感心させられます。
岡田准一は勿論のこと西島秀俊も素晴らしかったです。
それに監督の技量も随分アップしたように思います。

是非、DVDを楽しんでくださいね。
おふくさん    [2018/10/12(金) 06:15]       
今日は、郊外のショッピングモールへ行ってきました。

そしたら、映画「散り椿」のパネル展示がして有りました。

富山ロケと大きく書かれていました。

最近、富山を舞台に描かれている映画が多くなりましたね。

拍手したいと思います!!
チョコ    [2018/10/12(金) 16:58]       
本当に富山ロケの映画が多くなりましたね。
そういう点では喜ばしいことです。

散り椿は別として、大半は暗い映画です。
もっと笑えるような明るい映画は作れないものかと思います。
富山出身の本木監督は楽しい映画作りもされているのですから。

チョコさん、映画は気分転換にいいですよ。
たまには、ボーとした時間を!
おふくさん    [2018/10/12(金) 17:52]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d