<<   >>
2018年 9月 30日 (日)

パリでも日本

by おふくさん

IMG_8480_(2).JPG
IMG_8481_(2).JPG
ニュースで報道されていました。

パリでの日本フェア。

エッフェル塔は日本人の証明アーティストによるプロジェクションマッピング。

歌舞伎に呈茶。

フランス人にわかってもらえたかしら?

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1213


C O M M E N T
パリのエッフェル塔は、日本人のアーティストの照明なのですね。

知りませんでした。パリに行って歌舞伎、お抹茶等日本文化に触れられたら
素晴らしい体験になる事でしょうね。

パリへ、行って服飾の勉強が出来たら良いとかねがね思っています。
目から鱗でしょうね。
パリには行ってみたいと夢見ています。
チョコ    [2018/10/3(水) 08:54]       
服飾の勉強ですか!すごいですね!

自分なりのお洒落を追及する姿勢を忘れない、そんな女性
(男性も)はとても素敵ですもんね。

わたしも1か月くらい、ゆっくり滞在したい街があります。
そんな夢を持ちつつ、今日も仕事・・・。
スヌーピー    [2018/10/3(水) 09:10]       
なんだかんだ言ってもパリはパリです。
なが〜い伝統が形作っているからでしょう。

チョコさんが服飾の勉強に行ってみたい気持ち、よ〜くわかります。
NHKの朝ドラマ「カーネーション」で三番目の娘が思い切って留学しましたよね。
あのくらいの勇気が必要なんでしょうね〜
若い時は思いっ切りがいいですから、何でもできます。
が、大人になってくると、あれこれ考えてしまいますから冒険心は薄れてきますね〜
だって取り返しがききませんものね。

私の叔母は数年前まで自分をリフレッシュするために毎年フランスに行っていました。
一人暮らしになってからもずっとフランス旅行を続けていました。
さすがに最近は身体のこともあって行かなくなったようですが。

チョコさんも是非、留学は無理としても思い切って行ってみて下さい。
色々なツアーがありますから。
きっと良い勉強になるでしょう。
おふくさん    [2018/10/4(木) 07:39]       
スヌーピーさんも夢がおありでいいですね。
どこの街かしら?

自分を高める方法を知っている人は、より良い人生にを送れることでしょう。

スヌーピーさん、いつかフランスでのお茶会を!
そう言えば、パリでお茶会があるから水やの手伝いに来たという妙齢な京都マダム二人に会いました。
とっても素敵なお着物でした。
裏千家の催し物だとか。

はてさて、私は自分のことがよくわかっていません。
ただなんとなく毎日を過ごしているだけ。
もっと、シャキッとしなくっちゃ。
おふくさん    [2018/10/4(木) 07:46]       
このエッフェル塔のニュース見ました!

パリだけではなく、東京タワー+東京スカイツリーも何かの記念日・節目に、ライトアップを色々変え・工夫し照明しています!

パリには、公・私で何回か訪問しましたが、エッフェル塔にはまだ1回しか登ったことが無く、その時に、展望階で食事をしましたが、いつもは下から眺めております!
熟ラガ文ちゃん    [2018/10/4(木) 13:44]       
熟ラガちゃんはエッフェル塔に登ったことがおありですか?
東京タワーと違いますか?
スカイツリーと違いますか?

お食事をされたとのこと、ということはパリですから洒落たレストランがあったのでしょうね〜

日本はどことなくお洒落には成り得ませんね。どうしてなんでしょうね〜
スカイツリーも修学旅行レベルですし・・・

ライトアップはいいですね。
東京タワーのも好きです。

そして、スカイツリーより東京タワーです。
おふくさん    [2018/10/4(木) 16:23]       
フランスには、仕事で3回+観光旅行で3回の計6回訪問しております!

仕事ではパリのフランス政府との原子力発電に関するミーティング+パリの電力公社・EDFとのミーティング+リヨンのEDF・電力研究所とのミーティング+ドーバー海峡に有るパリュエル原子力発電所の視察でした!

観光旅行では、パリを中心に南フランスから北のモンサンミッシェル(3回) まで、回って来ております!

おふくさんお問い合わせのエッフェル塔のレストランですが、最初の展望ゾーンにチャンとしたレストランが有り、パリの夜景を楽しみながら、美味しいティーナーをいただきました!
熟ラガ文ちゃん    [2018/10/5(金) 15:31]       
やっぱりね〜

日本のそういうところのレストランは食堂の感が免れないのが残念に思います。
どうしてなんでしょう。
上品なレストランがあればどんなにか喜ばれるのに〜と思います。

今度はエッフェル塔でのディナーを目標に夢みるかな〜

確かに、バスで走っていると原発を見ました。
ドイツは脱原発ですが、フランスは推進派なんですね。

この度の北海道地震で第三の発電が見直されたと聞きました。
日本の未来はどこに向かっているのでしょう?
おふくさん    [2018/10/6(土) 07:16]       
おふくさん、皆さん、私の書き込みが自慢話に聞こえてしまい、申し訳有りませんでした!

フランスは、おふくさんの仰る通り原子力大国で、アメリカに次ぐ発電所を有しております!
ヨーロッパでは日本と違って、海水だけでなく河川を冷却水に使っている発電所もかなり有ります!

フランスは原子力大国で、ドイツへは勿論の事、周辺諸国に電力を輸出しており、原子力発電所から作られる電力が稼ぎ頭となっております!
ヨーロッパ大陸は電力送電線網で繋がってなり、イタリアが即座に原子力発電を止められたのもフランスからの電力のお陰です!

ドイツは国内事情が複雑で、政権与党に「緑の党」が入っており、原子力発電を大ビラに推進できない状況に有りますが、反面、自然任せの風力+太陽光発電だけでは、安定した電力供給・確保出来ずに、中々、約束の原子力発電所全廃まで進まない状況です!

日本とヨーロッパ諸国を同じ様に論じる方が居りますが、各国それぞれに事情が有り一概に論じる事が出来ません!
例えば風力発電ですが、ヨーロッパを旅行すると各所で見かける様になりましたが、日本と違って、大陸気候で風車を回す良い風が常に吹いているからです!

最後に、先般の北海道大地震で電力供給が遮断されましたが、泊まり原子力発電所が動いていれば、全道停電にはならなかったと思いますが、だけもそのコメントをしませんでしたね!
北海道は発電所・送電線網・需要地の関係が、本州と一寸違っております!!
熟ラガ文ちゃん    [2018/10/6(土) 15:33]       
熟ラガちゃん、自慢話だなんて全然思ってもいませんよ。
楽しく読ませていただいております。
だから、思ったことをどんどん書いてくださいね。
気楽に、気楽に。

確かに、それぞれの事情によって異なりますね。
ドイツでは、第三の電力が発電しやすい環境を整えています。
日本ではまだまだ九電力の力が強く、環境は厳しいものがあります。
もう少し、送電のことなど理解が得られるといいのですが・・・

まぁ、時間がすこしづつ解決していってくれるでしょう。
おふくさん    [2018/10/6(土) 22:11]       
熟ラガー様、私も自慢話なんてとんでもない。いつも、行ったことがない世界や、フランスの電力供給における近隣諸国での存在感ーーなど、いつも目を輝かせて読ませてもらっています。ありがとうございます。私は成田からモスクワでトランジットの為、2時間ほど降りた時の、空港全体が省電で考えられないほど暗く、トイレも電気が付いている廊下側に入らないと、暗くてよく見えないーーー状態に驚きました。で、そこからフランスに飛んで、パリ市内までのバスからの眺めは、明るくて明るくて、ガソリンスタンドはお昼というのに、電気が煌々と付いていてーーーもう30年くらい前のことですが、鮮明に覚えています。とてもお洒落で、さすが、憧れの都、パリーーでした。
ハイビスカス    [2018/10/8(月) 10:16]       
おふくさん+ハイビスカスさん、お気遣いありがとうございます!

私も昔、トランジットでモスクワの空港に降りた事が有りますが、薄暗いイメージ+アイスクリームが美味しく無かった、記憶が有ります!
熟ラガ文ちゃん    [2018/10/8(月) 14:52]       
ハイビスカスさんのコメント、お国柄の違いをよく表しているな〜と読ませてもらいました。

30年以上前のこととは言え、今も大きく変わっているとは思えません。
国の状況だって好転しているとは思えないからです。

とかく外国では部屋の灯りをスタンド照明などでおさえがちですが、私は苦手です。パーッと明るいのが好きです。
情緒がない、デリカシーがないと言われればその通り。
でも、見えずらいですものね。
おふくさん    [2018/10/9(火) 07:26]       
熟ラガちゃんもハイビスカスさんも同様な感想ですね。
私もです。

どうもロシアでは、暗いということが荘厳で恭しいと思っているようです。
でも、トイレなんか困りますよね〜

フランスの明るさは納得です。
おふくさん    [2018/10/9(火) 07:38]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d