<<   >>
2018年 2月 22日 (木)

今年のサラリーマン川柳

by おふくさん

DSC_0551.jpg
なんて面白いのでしょう。

思わずフ、フ、フと笑いがこみあげてきます。

これぞ庶民感覚。

世の中、明るくなりますね。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1163


C O M M E N T
毎年どうしてこう面白い川柳が思いつくのかとあっぱれ
読んでみてなるほどなるほどと思うのですが、自分で何かと考えると平凡な私は思いつかずです。
自分がつまらないユーモアのセンスのない人間だとつくづく思い知らされます。
マカロン    [2018/2/22(木) 11:33]       
マカロンさんのおっしゃることに同感です!
私もいつもそのように思いますもの。

数日前にお亡くなりになられた金子兜太氏の俳句、とても斬新で感銘を受けていました。

こういう感性って養われるものなのか、生まれ持ったものなのか・・・

作ってみたい気分はありますが、何も思い浮かびません。残念。
おふくさん    [2018/2/23(金) 07:25]       
いつも笑ってしまいます。
同感、同感。
それにしても皆さん、お上手ですね〜
クーミー    [2018/2/25(日) 09:04]       
本当に。

自分でも作ってみたいと思いますが、いざとなると難しいものです。
川柳ってわかりやすくていいですね。
おふくさん    [2018/2/25(日) 19:41]       
サラリーマン川柳ですが、自分がサラリーマン当時は、毎年発表されるサラリーマン川柳を楽しみにしており、出版される本も購入したことが有りました!

毎年、どれも楽しい川柳で、妻と回し読みをして、大変感心し、楽しんでいたものです!

サラリーマンを退職し、川柳にも触れることも無く、いつの間にか興味・関心が無くなっておりました!!
熟ラガ文ちゃん    [2018/3/21(水) 14:55]       
興味って案外そういうものかもしれませんね。
自分が渦中にある時は興味津々ですが、離れると関心は遠のきます。

たまにニュースで話題になったら思い出しますよね。
おふくさん    [2018/3/22(木) 07:54]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d