<<   >>
2017年 11月 15日 (水)

島根のお米 「仁多米」

by おふくさん

DSC_0322.jpg
ブランド米、第二段です。

島根県の旅館、ホテルで提供されています。

コシヒカリと一言でまとめられますが、その枝葉の広がりの大きいこと。

何事も努力、努力。

頑張ってください。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1131


C O M M E N T
これは何と読むんですか?にたまい。ですか?
富山に住んでいると、富山米が一番うまい、と思いがちですが、
日本全国、いろんなところで美味しいお米が作られていることに
旅行すると気づきます。
コシヒカリじゃないですが、山形とか秋田とかのお米も美味しかったです。

うちの両親は、千葉の夫の家にお米を送っています。でも
千葉も、かなり農業県なので、丁寧においしいコメを作っている農家も結構あるようです。
ひとえに「富山のコメはうまいぞ〜」って送るのもなんだかな?ですが、まぁそれはお付き合いということで送っているそうです。
スヌーピー    [2017/11/15(水) 13:14]       
そうです、「にたまい」です。
やはり、コシヒカリです。
そして、島根県が力を入れているブランド米です。
富山の「富、富、富」より粘り気があります。

そういえば、昨日のテレビで今年のイチオシ炊飯器を特集していました。
最近の炊飯器にはお米の名前によってスイッチが揃えられているというのです。
全国45種が搭載されていましたが、その中に「青天の霹靂」「仁田米」というスイッチがありました。
そして、今年の炊飯器に初めて富山の「てんたかく」が加わったそうです。

スヌーピーさんのご両親が千葉に富山のお米を送られているとか。暖かい交流ですね。
もののやりとりってそういうものだと思っています。
今や、日本全国どこでも同じものが手に入る時代です。デパートに行けば全国のものを並べているし、ネットや通販も盛んですからね。
だから、やり取りをしないというのは合理的ではありますが、人と人のつながりが希薄になり寂しいです。
私も、わかっていながら梨やお米を送ったりしています。
ご両親の気持ち、わかるわ〜
おふくさん    [2017/11/15(水) 13:38]       
私の実家は兼業農家です。
ずっとコシヒカリを作っています。
新しいお米を作るとなると、色々な手順が違ってくるということで、なかなか踏み出せません。
やはり、新しいことに挑戦する時は、若くないと出来ませんね。今更・・・という感じです。
クーミー    [2017/11/18(土) 14:41]       
クーミーさんのご実家は、この度のブランド米募集に手を挙げられると思っていました。
そうですか〜
いざ作るとなると、色々考えることがあるのですね。
今までのコシヒカリ作りとはやり方にも違いがあるということを知りました。
なるほど〜、納得です。
おふくさん    [2017/11/19(日) 10:02]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d